レモン | 犬のアロマセラピー基礎知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

犬のアロマセラピー初心者向けに今回は「レモン」精油について解説していきます。

レモン精油には強力な抗菌作用があります。犬の気持ちを鎮める作用も併せ持っています。

レモンのプロフィール

  • 学名:Citrus limon
  • 抽出部位:果皮
  • 抽出法:圧搾法
  • 成分:リモネン、β-ピネン

特徴

  • 血行促進作用
  • 抗ウィルス作用
  • 殺菌作用
  • 収斂作用
  • 消臭作用
  • 免疫賦活作用

レモンの皮から抽出される精油です。さわかかなレモンの香りが楽しめます。

消臭作用も抜群の精油で、ディフューザーで香らせることで室内の不快な匂いを和らげるのに役立ちます。

レモン精油は「光毒性」に注意

レモン精油など柑橘系の果皮から抽出される精油には、日光に当たることで炎症、色素沈着などの皮膚トラブルを起こす物質が含まれているケースがあります。

こうしたトラブルを起こすことを「光毒性」と呼びます。原因となるのはフロクマリン類に分類される成分で、特に「ベルガプテン」と呼ばれる成分がもっとも強い光毒性を持ちます。

光毒性の強さは、この「ベルガプテン」がどのくらい含まれているか?に依存します。

ベルガプテンが最も多く含まれる精油は「ベルガモット」です。レモン精油に含まれる量はベルガモットに比べると少量ですが、光毒性による皮膚トラブルの危険はゼロではありません。

そのため犬の皮膚に直接付くような利用方法ではなく、ディフューザーで拡散して香りを楽しむ「芳香浴」での利用がおすすめです。

レモン精油は変質しやすい

レモン精油に含まれる成分は熱に弱く、他の精油と比べて酸化しやすい性質を持ちます。

開封後は冷暗所に保管する野間もちろんですが、開封後はできるだけ早く使い切るようにします。

ドッグアロマとマッサージを学ぶ入門者向けテキスト無料配布中。
ご希望の方はこちらからお申し込みください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。