基礎知識

犬と一緒にアロマを楽しもう(2)アロマストーンはおすすめ

AEAJ認定アロマテラピーインストラクターの諸橋直子です。

今日のテーマは前回に引き続き

犬のアロマテラピーを「実際に使って」楽しもう

です。

前回の記事では、犬にとって嬉しい効果がたくさんな「ベルガモット(FCF)」についてご紹介しました。バックナンバーをご覧になりたい方は、こちらからどうぞ:

犬と一緒にアロマを楽しもう(1)ベルガモット(FCF)のすすめ
https://aroma.officeguri.com/dog-aroma-bergamot/

続きを読む

犬と一緒にアロマを楽しもう(1)ベルガモット(FCF)のすすめ

AEAJ認定アロマテラピーインストラクターの諸橋直子です。

現在、Office Guriでは「作ってみよう、アロマクラフト!」をテーマに、初心者向けのアロマ入門講座を企画中です。

アロマテラピーは、植物から抽出される「精油」を使った自然療法です。このため鋭い嗅覚を持つ犬とはとても相性が良く、Office  Guriではメルマガなどを通して、かれこれ10年ほどアロマを犬におすすめしてきました。

また、私自身公益社団法人 日本アロマ環境協会認定アロマテラピーインストラクターの資格保有者です。プロフェッショナル資格に基づき、犬と飼い主さんに、安全にアロマテラピーを楽しんでいただき、健康増進やストレスケアに役立ててもらう活動を行ってきました。

ところで最近に「好きな精油をとりあえず、手当り次第色々買ってみよう」とまとめ買いする機会がありました。気になっている香りを試して、新しい製品を開発しよう、という気軽な気持ちで購入した次第です。

その中で「お?」と、キラリと光る精油がありました。

香りが良いのはもちろんですが、犬にも良い効果が色々と期待できる精油なのです。

犬と飼い主さんの生活空間を爽やかに保つのにも役立ちそうです。

要は「色々使えそう」ということです。

では、その精油とは?

それは、ベルガモット(FCF)という精油です。というわけで、今回は「ベルガモット(FCF)」精油についてお話していこうと思います。

続きを読む

犬の皮膚にアロマ精油成分が直接触れても大丈夫? | アロマFAQ

アロマセラピーの精油は希釈して利用するのが原則です。

アロマ精油の原液を直接皮膚に塗ってはいけないと聞いた

「一方で、手作りのリンスやブラッシングアロマスプレーなどでアロマ精油を活用するときは、水などで薄めたものを直接犬の体にかけるとメルマガに書いてあった」

「でも、それだとやっぱり犬の体に直接精油が触れるのでは?それって大丈夫???」

という心配と疑問に、この記事では回答していきます。

続きを読む

アロマセラピーとは? | 犬のアロマセラピー基礎知識

アロマセラピーは植物から抽出した香りの成分(芳香成分)を活用し、健康増進ストレスケアなど体のトラブル解消に役立てる自然療法です。

アロマセラピーは犬にも有効です。この記事では犬のアロマセラピー初心者に向けて「アロマセラピーとは」という基本事項について解説していきます。

続きを読む

犬に避けたいアロマ精油23種を紹介します。

Office Guriの諸橋直子です。「公益社団法人 日本アロマ環境協会認定アロマテラピーインストラクター」の有資格者です。

犬に使ってはいけないアロマ精油はありますか?

こうしたご質問を良く頂戴します。この疑問に回答していきます。

続きを読む